Gelitin (Austria)

オーストリアの4人組、90年代頃から注目されているらしい。
はじめはGelatin (ゼラチン)という名前だったグループが、いつからか、GelItin(ゼリチン?)となったらしい。不思議な4人組。前はぎさんがかいたAzorroというポーランドの4人組と通じるところは、国が近いのも関係するのか。面白い、東欧!オーストリアもけっこう先のとがったかんじの皮肉っぽいユーモアがたまらないです。

一番したの巨大なピンクウサギ(ウサギの左上にあるのは家。)は、2025年までここにあるらしい。 (2006年にはじまり。)

馬鹿げたことに本気で取り組むその姿勢が良いのです!
ちなみに、真ん中の2枚の写真は東京の小山登美夫ギャラリーでの展示だそうだ。みてみたかった。。汚いものつくる作家でも日本ではそんなに汚い事やらないんですねー。きれいだもの何か。

07. September 2010 by Nishiko
Categories: Austria, Installation, Nishiko, Performance | 2 comments

Comments (2)

  1. 汚いことやる作家でも日本では汚いことしないって、うける。。

  2. カバコフとかさ、新潟でみた作品はビューティフォーだった。ポールマッカーシーは例外かもしれないけれど。。

Leave a Reply